Columm

【2024年版】Googleサーチコンソールの超基本

SEO対策

アクセス解析

こんにちは!ディレクター・ライターの色摩です。今回は、ウェブサイトの運用に欠かせない「Googleサーチコンソール」について解説します。Googleサーチコンソールは、ウェブサイトのパフォーマンスを監視し、最適化するための無料ツールです。検索結果での表示状況やクリック率などのデータを確認でき、SEO対策やアクセス解析を行う上で非常に有用なツールです。ぜひこの記事で、Googleサーチコンソールの基本的な使い方と活用方法をチェックしてみてください。

目次

Googleサーチコンソールの登録と設定

1.アカウントの作成

まず、Googleサーチコンソールにアクセスし、Googleアカウントでログインします。もしGoogleアカウントを持っていない場合は、新しく作成する必要があります。

2.ウェブサイトのプロパティを追加

ログイン後、ウェブサイトをサーチコンソールに追加します。「プロパティを追加」ボタンをクリックすると、プロパティタイプの選択画面になりますが、1つのサイトのみ運営している方や設定に不安がある方は「URLプレフィックス」の方が簡単でおすすめです。

3.所有権の確認

「URLプレフィックス」でURLを入力すると、サイトの所有権を確認するための手順が表示されます。所有権確認の方法はいくつかありますが、一般的には以下の方法があります。すでにGoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーをサイトに導入している場合は、3番目の方法が最も簡単です。

  • HTMLファイルをウェブサーバにアップロード
  • HTMLタグをサイトの<head>セクションに追加
  • Google AnalyticsまたはGoogleタグマネージャを使用

サーチコンソールの基本機能

1.サイトのパフォーマンスの確認

「検索パフォーマンス」の画面に入ると、ウェブサイトの検索トラフィックに関する以下のデータを確認できます。

  • クリック数:検索結果をクリックされた回数
  • 表示回数:検索結果に表示された回数
  • 平均クリック率(CTR):クリック数を表示回数で割った割合
  • 平均掲載順位:検索結果での平均順位

上記イメージ画像内の「クエリ」というのが検索キーワードのことです。キーワードやページごとにクリック数やクリック率(CTR)を確認できるため、どのキーワードが効果的か、どのページが人気かを分析できます。

2.URL検査ツール

「URL検査」では、特定のページのインデックスステータスを確認できます。ページがGoogleに正しくインデックスされているか、エラーがないかをチェックし、必要に応じて再インデックスをリクエストできます。

※インデックスとは、検索エンジンのデータベースにWebページの情報が登録されることを言います。ページがインデックスされていないと、検索しても結果に表示されません。

下記イメージ画像のように「URLはGoogleに登録されています」と表示されれば、正常にインデックスされています。公開から時間が経ってもインデックスされない場合などは、下記イメージ画像の手順でインデックス登録を申請してみましょう。

3.サイトマップの送信

サイトマップは、サイト内のページ構成を検索エンジンに伝えるためのファイルです。サーチコンソールでサイトマップを送信することで、Googleにサイトの全体像を迅速に理解させることができます。「サイトマップ」メニューから、サイトマップのURLを入力して送信します。

サーチコンソールを活用したSEO対策

1.検索パフォーマンスの分析

パフォーマンスレポートのデータをもとに、特にクリック数や表示回数が多いキーワードやページを特定します。これにより、どのコンテンツが効果的かを把握し、さらなる最適化の対象を見つけることができます。

2.エラーページの修正

「ウェブに関する主な指標」では、以下の3つの指標で改善が必要なページを確認できます。これらのエラーを修正することで、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。

  • LCP(Largest Contentful Paint):ページのメインコンテンツが表示されるまでの速度を計測
  • INP(Interaction to Next Paint):ユーザーのクリック・タップなどの動作に対して、最も遅い応答時間を計測(2024年3月以降、FID:First Input DelayからINPに指標が変更されました)
  •  CLS(Cumulative Layout Shift):ページ読み込み時における予期しないレイアウトの移動量を計測

3.リンクの管理

「リンク」レポートでは、外部サイトからのリンク(バックリンク)や内部リンクの状況を確認できます。質の高いバックリンクは、SEO効果を高める重要な要素です。信頼性のあるサイトからのリンクを増やすための対策を講じることが求められます。

まとめ

Googleサーチコンソールで確認できることを再度まとめてみましょう。

  • どのようなキーワードで検索されているか
  • 検索順位はどれくらいか
  • 検索結果でどれくらいクリックされているか
  • サイトがインデックスされているか(検索結果に表示される状態か)
  • ページの表示速度などの観点から見て、改善が必要なページはないか
  • バックリンクや内部リンクは設置されているか

サーチコンソールの基本的な使い方を理解し、定期的にデータを確認することで、サイトの改善点を見つけ、効果的な対策を実施することができます。Googleアナリティクス等のアクセス解析ツールと合わせて、ぜひ活用してみてください。

SEO対策の基本については、こちらの記事もぜひご覧ください。
【SEO入門】SEOの種類と基本を解説

Columm

お気軽にお問い合わせください。